医師紹介

doctor

ご挨拶

greeting

この度、北九州市小倉北区の現在地で昭和26年に祖父が開院し、昭和60年に父が継承した「具嶋医院」を建て替えることになりました。
病院新築にあたり、生まれ育った町に戻り、父と一緒に診療を始めてまいります。
また新たに内視鏡診療を行うこととなり、「ぐしま胃腸内科クリニック」と名称を改め、その第一歩を踏み出したいと思います。

これまで大学病院や県内、及び県外の基幹病院で、消化器疾患を中心とした内科医として勤務し、
同僚・先輩医師やスタッフの支えのもと、医師として経験を積んできました。
内視鏡診療においては、数多くの内視鏡検査・治療を経験し、最新の技術を学んでまいりました。
また大学院では、潰瘍性大腸炎に対する研究をまとめ、その後治療に難渋している多数の潰瘍性大腸炎やクローン病の患者様を診てまいりました。
その中で潰瘍性大腸炎やクローン病は、生涯つきあわなければならない病気であり、患者様の悩みを共有し、
治療を行っていくことのやりがいや難しさを感じてまいりました。

これからはこれまでの経験を生かし、患者様に寄り添い、多くの患者様の助けになるような診療を行ってまいりたいと思います。

何卒宜しくお願い申しあげます。

この度、北九州市小倉北区の現在地で昭和26年に祖父が開院し、昭和60年に父が継承した「具嶋医院」を建て替えることになりました。
病院新築にあたり、生まれ育った町に戻り、父と一緒に診療を始めてまいります。
また新たに内視鏡診療を行うこととなり、「ぐしま胃腸内科クリニック」と名称を改め、その第一歩を踏み出したいと思います。

これまで大学病院や県内、及び県外の基幹病院で、消化器疾患を中心とした内科医として勤務し、同僚・先輩医師やスタッフの支えのもと、医師として経験を積んできました。
内視鏡診療においては、数多くの内視鏡検査・治療を経験し、最新の技術を学んでまいりました。
また大学院では、潰瘍性大腸炎に対する研究をまとめ、その後治療に難渋している多数の潰瘍性大腸炎やクローン病の患者様を診てまいりました。
その中で潰瘍性大腸炎やクローン病は、生涯つきあわなければならない病気であり、患者様の悩みを共有し、治療を行っていくことのやりがいや難しさを感じてまいりました。

これからはこれまでの経験を生かし、患者様に寄り添い、多くの患者様の助けになるような診療を行ってまいりたいと思います。

何卒宜しくお願い申しあげます。

院長

Director
具嶋正樹

具嶋 正樹

masaki gushima

院長略歴

・私立愛光学園 卒業
・久留米大学医学部 卒業
・九州大学病態機能内科学 入局
(九州大学病院、新日鐵八幡記念病院で研修)
・独立行政法人国立病院機構小倉病院 消化器科
・山口赤十字病院 内科
・九州大学大学院 学位取得(医学博士)
・浜の町病院 消化器科
・下関市立市民病院 消化器内科 医長

所属学会・資格

・日本内科学会 認定医・総合内科専門医
・日本消化器病学会 専門医
・日本消化器内視鏡学会 専門医

理事長(開設管理者)

Admin

具嶋 正倫

masamichi gushima

理事長略歴

・福岡県立小倉高校卒業
・日本大学医学部卒業
・日本大学医学部第3内科
・現在地で祖父より具嶋医院を継承

ぐしま胃腸内科クリニック

〒803-0815
福岡県北九州市小倉北区原町1-14-20

Scroll Up